スポンサーリンク

ホームページ制作の副業で月30万円稼ぐ人がいるという

ネットでニュースを見ていたら、「プログラミング 独学で副業月30万円!」という文字が見えたので、マジか、と思い内容見てみました。

テレ朝newsの記事です。

普段は機械のエンジニアをしている、兵庫県在住・30代の男性。去年3月から独学で勉強を始めたのが、プログラミングです。
・・・
男性はホームページを制作するなどの副業を始めたところ、平均で月に約20万円、最高で30万円の収入を得ているというのです。
兵庫県在住・30代男性:「報酬っていう意味で(本業を)カバーできるし、プラスアルファでスキルとか、できることが増えていく。なので、精神的には、かなり余裕が出た感じですね」

貼ってある画像を見てみると、HTML、CSS、JQueryや「レスポンシブデザイン対応」といった文字が見えます。HTML、CSSができるくらいで、どのくらい稼げるのかと思い、副業サイトでちょっと調べてみました。

ランサーズで調査

副業サイトとして有名なランサーズで調べてみました。

ランサーズは、副業というか、クラウドソーシングの大手です。クラウドソーシングというのは、個人で技術や知識を提供して対価を得るビジネスで、このところ急成長しています。

ランサーズのほかにも、クラウドワークスなど大きいところがあります。

さて、ランサーズでホームページ制作がどれくらいで提供されているか見てみました。

すると、千差万別で相場観が掴めないのですが、Wordpressを使った初期制作では、10万円を超えるような出品者はあまり見当たりませんでした。5万円~10万円の幅に収まっていることが多いようです。

ココナラでも調査

吉岡里帆チャンのCMでもおなじみのココナラでも調べてみました。

こちらもあまり相場観がない感じがしたのですが、概ね5万円の周辺という感じです。

ランサーズよりも、規模の小さなクライアントを狙っているのでしょうか。

気になる報酬は

ランサーズで、ホームページ制作業務を提供した場合に、実際にいくら受け取れるかを調べてみました。

ランサーズでは、このあたりのことをかなり分かりやすくお知らせしています。

仮に、ランサーズ経由で、Wordpressを使ったホームページの初期制作を8万円で請け負った場合をシミュレーションしてみます。

ランサーズで受注すると、ランサーズの「システム手数料」が引かれます。まあ、平たく言えばマージンでしょうか。

このシステム手数料は、受注金額により異なり、

  • 10万円以下の部分に20%
  • 10万円超20万円以下の部分に10%
  • 20万円超の部分に5%

と決まっています。

ですので、8万円で受注すると、20%のシステム手数料となります。

源泉税などを計算してみると、8万円で受注した場合の手取りの受取額は、次のようになります。

受注金額 消費税込み システム手数料 源泉徴収 手取り額
80,000 88,000 -17,600 -8,168 62,232

6万2千円くらいになりました。

ココナラも見てみたのですが、何かの決裁ごとに手数料を引かれるようですが、いまいち簡単には分かりませんでした。

結論:副業30万円は可能

ということで、冒頭のホームページ制作の副業で月30万円というのが可能かどうかということですが、まあ、可能なんではないかなと思います。

正直、Wordpressでのホームページ制作というのがどのレベルなのか分かりませんが、あまりネットのことにこだわりのない相手なら、以下のような感じで十分かもしれません。

  • サーバー契約、ドメイン取得も含めて、初期構築は1時間
  • コンテンツを提供してもらって、適切に配置するのに数時間
  • 更新マニュアルのアレンジ

環境にもよりますが、早ければ半日、時間がかかっても1日あればできそうです。

これを週末ごとに1件ずつ受注できれば、30万円弱にはなりそうですよね。

関連商品
社会の様々なこと
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
シェアする
ニャンコ編集長の言いたい放題!
タイトルとURLをコピーしました