スポンサーリンク

フリーランス保護へ新法制定の方針

何気なくニュースサイトを見ていたらこんな記事がありました。

フリーランス保護へ新法=報酬額明示義務へ―政府

2022年9月13日 11時58分 時事通信社

組織に属さず仕事を請け負うフリーランスを保護するため、政府が新法を制定する方針を固めたことが13日、分かった。
発注元の事業者に対し、仕事内容や報酬額を明示し、書面などで交付するよう義務付ける。秋の臨時国会への法案提出を目指す。

ということです。まだ全貌が分かりませんが、どういう目的なんでしょうね。

私の常識では、相手がフリーランスでも大企業でも、仕事を発注するときには、仕事内容や報酬額を明示するのが当然なんですけど。
口頭で済ませてあとでトラブルになるケースがあるっていうことなんですかね。普通の感覚だとなかなか考えづらいです。

「書面などで交付」とあります。メールは当然OKだと思うんですが、いまだとLINEでやり取りということもあります。LINEでもいいんでしょうか。

細かいことが分かってきたら勉強したいです。

関連商品
政治・経済・行政・法律
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
シェアする
ニャンコ編集長の言いたい放題!
タイトルとURLをコピーしました