スポンサーリンク

やっぱり大飯原発はやめておいた方が・・・

政府が大飯原発の再稼働を決め、関西電力が再稼働を進めています。

ところが、6月16日の再稼働決定のあと、19日には冷却水の水位が低下、23~24日にかけては送電線の監視システムが誤作動して警報が発報されています。

・ 大飯3号機で警報…一時的に冷却水低下か
・ 大飯原発、深夜から朝に警報26回…異常なし

関西電力などによると、これらは、軽微な事象(異常)であって、「再稼働の作業工程に影響はない」とのこと。

でもでも、よくよく考えてみると大丈夫かなと思う。
影響があるかどうかは別として、軽い異常や誤作動が日常的に起こっているプラント群を「絶対安全!」と言われても、全然信用できないですよね。

たとえて言えば、自動車について、

エアコンが止まったり、急にワイパーが動いたりするけど、走行には全然問題ないです!

と言っているようなもんですよね。
そんな自動車、誰も買いたくないでしょ。

つまりそういうことなんですよね、。

関連商品
社会の様々なこと
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
ニャンコ編集長の言いたい放題!
タイトルとURLをコピーしました