スポンサーリンク

でんこちゃん 解雇 ←正しくは雇止めではないだろうか。

東電のキャラ「でんこちゃん」経費削減のため3月でリストラ

原発事故に伴う賠償や廃炉の費用で経営破綻の危機に瀕している東京電力は、全社員の年収2割カット、2013年度末までに4万人の社員を3600人減らすなどのリストラ策を打ち出している。

そのリストラ対象者に、ある“超有名社員”が含まれていることは、あまり知られていない。彼女は主婦の身でありながら東電の広告・宣伝の最前線で四半世紀にわたって活躍し、その高い人気から専門ショップまで設けられた「東電の顔」だったのだが――。

東電の営業エリアに住む人ならば、テレビCMなどで一度は彼女の姿を見たことがあるだろう。

名前は「でんこちゃん」。東電のマスコットキャラクターだ。

主な“業務”は、東電のパンフレットやCMに登場して、電気に関する省エネ・安全マナー(たこ足配線の禁止など)を啓蒙すること。

そのでんこちゃんが、この3月末で東電を“解雇”されるというのである。

本題に入る前に、東電の管外にお住まいの読者のために、でんこちゃんを簡単に紹介しておこう。

でんこちゃんは1987年、東電のパンフレットに初登場。1991年からはテレビCMに起用され、マスコットキャラクターとしての地位を確立していった。公式HPも存在し、それによると性格は「親の血をついでちょっとあわて者だけど常に好奇心旺盛」だという。

1987年の“入社”以来、実に勤続25年の「ベテラン社員」。その人気は高く、東電の関連施設にはグッズ専門店「でんこちゃんショップ」も存在していた(現在は閉店)。

見た目は幼く見えるでんこちゃんだが、実は人妻である。フルネームは「分電でんこ」で、電柱市電線町という町に住む。夫は技術系のサラリーマンで、優しい性格の「分電盤太」。子供はいないが、HPに載る分電家の家系図には義理の姉「暮野ちえ」や姪「暮野エコ」などの名前もある。

幸せな家庭を築いていたでんこちゃんだったが、昨年の大震災は彼女の運命を大きく変えた。

震災直後に「電気と仲良くね!」と呼びかけていたテレビCMが放送されなくなり、その後にHPも削除されたのである。ファンの動揺は激しく、「震災のショックででんこちゃんが夜逃げした」などと騒がれ、その消息が心配されていた。

そして、今回のリストラ――。

東電の渉外・広報グループに確認したところ、この情報を事実と認めた。

今年度末の3月31日で契約期間が切れるので、更新しないことが決まっています。今後の節電PRは『でんこちゃん』なしで行ないます。具体的な内容は決まっていませんが、簡易なパンフレットなどで行なうことになると思います」

解雇理由は「コスト削減」だという。

「震災後に弊社はCMなどを自粛しており、『でんこちゃん』の使用頻度が減っていました。全社的に諸費用の見直しを行なう中で打ち切りが決まりました」(同前)

ただし、でんこちゃんのリストラでどれほどのコスト削減になるのかは、「お答えできません」(同前)とのことだった。

自社のCMキャラクターを使わなくなることがコスト削減につながるというのはどういうことなのかな。

考えられるのは、制作したデザイナーや代理店へのフィーを削減するということくらいか。

もともと自社制作ならそんなのないから、使わなくなってもコスト削減にならないもんな。

ま、それはそうと、

今年度末の3月31日で契約期間が切れるので、更新しないことが決まっています」という東電渉外・広報グループの談なんだけど、この「契約」って何の契約だろう?

デザイナーとか代理店との契約のことですよね。

間違っても、冗談的にでんこちゃんの雇用契約のことを言ってないですよね。

もしでんこちゃんの雇用契約だとすると、でんこちゃんは期間の定めのある雇用契約を結んでいて、雇止めされるということですね、これは裁判したら勝てるよ!!

関連商品
社会の様々なこと
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
シェアする
ニャンコ編集長の言いたい放題!
タイトルとURLをコピーしました