スポンサーリンク

書評空間BOOKLOG by 紀伊国屋書店

書店最大手の紀伊国屋書店が、プロの書評家による書評をblog形式で発表・掲載する『書評空間BOOKLOG』をスタートした。(http://booklog.kinokuniya.co.jp/

 

同サイトによるとその目的を

 

…書籍を愛するひとびとのコミュニティの創出をめざすとともに、「本を読む」と「本を書く」との橋渡しをめざす…

 

としています。

 

活字文化や書店の衰退が顕著になる中、こうした試みは評価できよう。

 

文化としての活字(=書籍)は電子パブリッシングなどに押され、情報源としての活字(=新聞など)はインターネットにその主役を奪われつつある。

 

こうした状況の中で、書評を現在の最先端のメディアとして成長中のblogという方法で配信するということは、一種の“メディアミックス”であり、昨今最も注目される手法の1つである。

 

活字文化の復活に向けて、成果が期待される。

関連商品
本・映画
スポンサーリンク
シェアする
ニャンコ編集長の言いたい放題!
タイトルとURLをコピーしました